TRACE SPECIALTY STORE

¥1,000からのトレース代行サービス
無料お見積り・ご注文

そもそもトレースって?

トレースするイメージ画像

画像データをなぞって、データを作成することを指します。
下書きを清書するイメージです。

トレースしたデータ(.ai/.pdf形式のみ)は、拡大縮小しても荒くなりませんので、印刷すると不鮮明だったデータが、トレースしてデータを作り直すと
細部まで高精細な状態で印刷できるようになります。

納品データはAdobe IllustratorやPhotoshopなどで
ご使用いただけますので、印刷物以外にもウェブサイトなど、
様々な素材としてご使用いただけます。

価格・納期

デジタイズが選ばれる理由

トレースは数をこなさないと、綺麗なデータを作れるようにはなりません。
デジタイズではトレース専門店とすることで、スタッフ一人ひとりがトレースの技術力を限りなく高めています。
さらにミスを防ぐ多重チェック体制を採用し、様々なジャンルのご要望にもスピーディーに対応できるよう努めています。

短納期

超短納期で納品致します。お急ぎの場合は、更に早い特急制作プランをご用意しました。

低価格

トレース作業に業務を絞り込むことによって、プロフェッショナルな仕事をより低価格で提供できるよう努めています。

豊富なデータ形式

納品データは1データにつき、5類のデータ形式(拡張子)で納品させていただいております。


様々な場面で利用されています


トレース(ベクタ形式)によるメリット
ベクタ形式とは

WEBでも印刷でも高画質

高画質

ベクタデータは、どれだけ拡大縮小しても一切デザインが劣化しませんので、1つのデータで名刺から大判ポスターまで綺麗に印刷が可能です(ai/pdf形式のみ)。

上書き保存しても劣化しません

上書き保存

ベクタデータは、再編集して上書き保存してもデータが劣化しません。ずっと使うロゴデータなども気兼ねなく編集・保存することができます。

デザインの編集が簡単です

デザインの編集

ベクターデータの場合、デザインの色を変更したり、レイアウトを変更することが非常に簡単に行えます。